スマホ版に切り替え

HOME -> 言葉責め

風俗店に求める役割は、ズバリ性欲処理です。 ただし、いくらムラムラしている時だったとしても、 事務的にシコシコされては、せっかくのテンションが萎えてしまいます。 マニュアル的な対応だと、射精のモチベーションがダウンするばかり、 同じ抜いてもらうなら、コミュニケーション重視の痴女系サービスが最高です。


池袋の周囲には、男性心理をくすぐる痴女系サービスが豊富にあります。 M男専門に見える痴女系サービスですが、 ハレンチなポーズで言葉責めしてくれるプロの奉仕は、 どんな性癖を持つ男性にも嬉しいものです。 言葉責めを受けながら、同時並行で手コキや前立腺刺激を続けられる、 そのシチュエーションは池袋の痴女系サービスだからこそ楽しめるのです。


単なる手コキと言葉責めがプラスされた手コキ、 どちらがペニスに響くかと言えば、もちろん後者に決まっています。 「こんなにペニスをがちがちにして、エッチね」や、「もうお汁だらけね。でも、まだイッちゃダメですよ」等といった上品さを持ったままの淫語責めは、下半身と男心に直接響くでしょう。 その後の射精感は普段とは別格、もう凄い勢いで白濁液が飛び散るはずです。

池袋の風俗では、S女性が言葉責めで男性を虐めてくれます。 痴女が耳元でエッチな言葉を投げかけてくれるのです。 その非日常的な状況に男性は興奮し、ペニスをガチガチに硬くするのです。 興奮は射精感に比例するため、極限まで興奮するほど射精時の精液は多くなります。


言葉責めを受けることで、男性のMがくすぐられます。 最初はSを断言している男性も、言葉で責められ続けている間に、少しずつM思考に偏っていくのです。 Mになった状態とは、いわばプライドを捨てた状態と言えます。 性的プレイを受けるときは、余計なプライドが最も邪魔となります。 プライドは完全に捨てて、子どもになったつもりでプレイを受け続けましょう。


子どもに成りきれる男性は、Mプレイの快感が倍増します。 男性は快感を皮膚で感じ取るだけではなく、耳や脳からも感じているのです。 痴女の言葉責めにより、ペニスはいつもより硬くなるはずです。 硬さは射精感へとつながり、射精時の快感の強さとなって現れます。

ネットの体験談を読んでいたら、言葉責めで身もだえするほど感じたと書かれていました。 私はMではないですし、そもそも言葉だけでビンビンに感じるというのは理解に苦しみます。 好奇心旺盛な私は、体験者が語る池袋のM性感が本当に凄いのか試してみることにしたのです。


Sな私はわざと意地悪な発想を抱き、デリヘル嬢の中から一番ベビーフェイスでロリ系の女の子を選んでみました。 予想通りのアニメ声で、こんな可愛い声でいたぶられても、全く感じることはないだろうとタカをくくっていたのです。 それが見事に当てが外れて、彼女の幼い顔と幼い声から発せられる卑猥な表現に驚くほど感じてしまったのです。


どうやら、このギャップが拍車をかけているらしいのです。 少女のような可愛い顔をして大人の男性がひるむような衝撃発言や厭らしい言葉を浴びせるので、アソコがムズムズ動き出し、どんどん大きくなってしまいました。 何をされても彼女に触れてはいけないと抵抗できない状態にさせられ、言葉責めに加えて体もいじられ、私も驚くほど身もだえして喘ぎまくってしまったのです。