スマホ版に切り替え

HOME -> 前立腺マッサージ

もともとホモっ気もなかった私がバイセクシャルもいいなと思ったのは、池袋の前立腺マッサージのサービスを受けてからです。 男性のお尻の穴は昔から禁忌とされていましたが、その理由は感じすぎて夢中になってしまうからでした。 私はそれをここのお店で味わい、女の子の指でドライオーガズムを体感して、初めて悟ったのです。


アナルと一言で言ってみても、風俗においてはきちんとしたプレイとして確立しています。 池袋の前立腺マッサージのお店では、ある程度熟練した風俗嬢がローションなどで指をぬるぬるにした状態でお客のアナルに入れてくれるわけです。 ポイントを知っている彼女たちは、的確にそれを探り当て、刺激してくれます。


ドライオーガズムは射精なしでものすごい快感を得るやり方です。 その快感は通常の射精の何十倍にもなり、癖になる人が続出しています。 最近はデリヘルなどでもやってくれるので、昔よりもさらに一般的になりました。 私はここのお店以外では経験がありませんが、実に気持ちがよかったです。

池袋には風俗店が集中しています。 夜になると風俗店の看板のネオンが輝き出し、多くの男性陣が欲望を心に秘めて街を歩いていることでしょう。 その中でも、池袋のM性感倶楽部は今、風俗マニアの間ではかなり人気があるお店です。 中でもこのお店の前立腺マッサージはマニアの間では中毒患者が出るほどなのです。


とにかく女の子がエロすぎ、スケベすぎるのです。 客はベッドの上で裸状態で、受け身で女の子達に悪戯されなければなりません。 女の子も綺麗な子が多く、まるでモデル並みのルックスなのです。 とくにアナルを刺激されながらの鬼頭責めは、あまりの気持ちよさにもう耐えられませんでした。


まるで赤ちゃんの格好をさせながら、足を広げた状態で、お尻の穴を指や道具を使いながら行う前立腺マッサージは、最初は違和感を感じるかもしれませんが、そのうちこれまで感じたことがない絶頂感を何度も味わうことが出来るのです。 男性がここまで快感に身をゆだねながらエクスタシーを感じ続けることができるのは、池袋のM性感倶楽部しかありません。